「歳時記の森」は、桜とモミジの里山で、益田造りの「萬古庵」、土蔵、水車小屋、かえる神社や棚田があります。また、人気の175メートルの「森の滑り台」は迫力があります。森を散策しながら季節の移ろいを五感で感じていただけます。
鴨

歳時記の森内の棚田 水車小屋

萬古庵

「萬古(ばんこ)」とは、永久・永遠という意味です。「萬古庵」は「いつもでも永久に続く」という意味が込められています。
1階は茶房となっています。>>茶房についてはこちらへ

萬古庵 いろり 萬古庵 土間 萬古庵 萬古庵

かえる神社

かえる神社

”六かえる””迎かえる”など縁起のよいカエルが鎮座しています。

若ガエル、無事カエル(交通安全)、銭カエル
迎カエル(結婚)、人を迎える(商売繁盛)、無くしたものを迎える

かえるのご神体

かえるがご神体の神社

森のすべり台

全長約175mのローラースライダー(すべり台)。
合掌村の遠望と、スリルが堪能できます。(1回3才以上100円)

森のすべり台