下呂温泉合掌村 円空館

下呂市の円空

江戸時代初期、全国各地を巡りおよそ十二万体もの神仏像を造ったといわれる遊行僧円空。

立木に向かい鉈をふるう円空 地図
下呂市に遺された円空館展示作品
青面金剛神 55.5cm
立山大明神 18cm
地蔵大菩薩像 75cm

円空年表

1632年0歳円空生まれる(美濃国[現在の岐阜県羽島市上中町中])
1638年7歳木曽川の洪水で母を亡くす
1663年32歳初めて仏を彫る
1666年35歳青森から北海道へ
1669年38歳名古屋市千種区の鉈薬師堂の諸像17体を作る。
岐阜県関市武儀町の白山神社で白山三尊を作る。
1671年40歳母の三十三回忌供養をする
生誕地の羽島市上中町中に観音堂を建て、本尊十一面観音を作る。
奈良法隆寺の巡堯春塘から「法相中宗血脈」を承ける。
1674年43歳「大般若経」六百巻を修復
1679年48歳白山の神より託宣を受ける
1681年50歳北関東地方で活動する
1685年54歳飛騨に滞在する
1690年59歳十万体の仏像造顕を達成
岐阜県高山市上宝町・桂峰寺で十一面観音像など三体を作り、背面に誓願の十万体造顕達成を記す。
1691年60歳下呂市金山町菅田で青面金剛神像を作る。(4月20日)
下呂市小川にて青面金剛神像を作る。(4月22日)
1692年61歳岐阜県関市洞戸・高賀神社の観音堂で降雨を祈り、「大般若経」を真読誦してその願いを叶える。
関市洞戸の高賀神社の観音堂で虚空蔵菩薩など数十体制作し、最後の作像となる。五十八億七千万年後の弥勒菩薩下生に向けて入定の準備に入る。
1695年64歳円空、入定する
弟子円長に「授決集最秘師資相承血脈」を与える。
孟蘭盆の時、長良川畔で入定の素懐を遂げる。